ローリーと無毛の同居人たち

はちぅるい達の飼育に関する備忘録や日々の徒然言。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初めての脱皮不全

はたまた随分とご無沙汰してました。
(前回の記事が夏日だっていうのに昨日なんかもう雪降ってたよ!めっちゃ寒いよ!恐ろしいですね(^^;)

のっけから爬虫類とは関係ない話なんですが、私賃貸マンションに住んでいるのですが、最近下の部屋の住人の騒音に悩まされてまして。睡眠不足で心身共に参ってましたのでブログ書くどころじゃなくなってました。

下の住人、恐らく最近ステレオでも買ったんでしょうね。ある日からいきなり重低音が響き出したので一向眠れず、しまいには重低音がいつ来るかと不安感で動悸までしてくる始末。ほとほと参って、注意してもらうよう管理人に言ってからは少しはマシになったんですが、相変わらず一度は重低音で起こされてますので騒音との攻防は今後もまだまだ続きそうです。

ただ私、夜勤仕事なので睡眠摂る時間が昼間なんですよね。深夜帯に騒音出されているのであればもっと堂々と苦情を言えるんですが、昼間なのでどうにも微妙。正直結構ツライものがあります。


-重低音とか書いてるとまた動悸がして来ましたので話題を変えて(^^;
前回に続き、今回もヒョウモントカゲモドキのホーリーさんです。

相変わらずデブなことを除けばいつでも至って健康体で安定しているので、日頃何も心配することもなかったホーリーさんでしたが、この間初めてちょい脱皮不全な状態になりました。

holly_066.jpg

いつもはこの、鼻先までが白くなったら1日以内に脱皮を始め、十数分~数十分ほどで終了というのが鉄板のパターンであります。

ところがこの間は、鼻先までが白くなったように見えても一向に脱皮を始めなかったのです。
白くなり始めたら、ケース内の湿度を70パーセント以上に上げておくとそのうち全部白くなって脱皮をし出すんですが、何故かこの時は全身白くなったまま4日ぐらい経過。さすがに心配になって来ました。

見ていると、普段よりも皮が浮いて来なかったのが原因なのかな?本格脱皮を始める前にあちこちの皮が破れだすんですが、その様子がなかなか見られなかったです。

でも4日目にしてようやく脇の下の皮が破れ始めて、ホーリーさん本人も脱皮行動を起こす気になったようです。が、基本は鼻先擦って剝いてから、徐々に下半身に向かって剥いて行くのが順序なのにその鼻先の皮が一向に剥けない様子。

胴体ばかり剥けて鼻先から頭方面がいつまでも残っているので、途中から飼い主もピンセットで手伝いに入りました。

holly_067.jpg

鼻先はお湯で湿らすとすぐ剝けたのですが、足がちょっと難しかったので温浴させてから剥きました。

holly_068.jpg

これは残骸。
元々脱皮は普通に上手な子なので剥くのは容易に出来ました。
(前飼ってた子はウェットシェルターや水苔タッパー入れてても失敗するほど脱皮下手で相当苦労してたもんで(^^;)

holly_069.jpg

その後様子を見ましたが、その次の脱皮はいつも通りにすんなり終わりました。安心したぁε-(´∀`*)ホッ
なんだろう、季節の変化などが体調に影響したのだろうか?

やっぱりホーリーさんはいつも通り、こうやってケースの最前面でふてぶてしく自堕落に寝てる姿が似合うなあ。
何事もないのが当たり前と思ってたけど、本当は日頃からそれに感謝してないといけないですね。

ワキパイ段腹な君を愛す…!!

スポンサーサイト
【 2016/11/25 (Fri) 】 ヒョウモントカゲモドキ | TB(-) | CM(2)

今日は暑かった

今日の関東地方は夏日でしたね。
思わず冷房つけたい衝動に駆られました。(でも貧乏だから扇風機でガマンしたよ!)

holly_063.jpg

この人も暑かったのか、水入れのプールに浸かって涼んでいました。
(だらけっぷりが素晴らしくてつい写真撮ってしまったw)

holly_064.jpg

でも正直、このホーリーさんに関しては書くネタがないんですよね。
相変わらずデブだし、相変わらずこうやって自堕落な寝姿を披露し続けてる毎日が続いています。
(しかしオモシロイ寝顔だ)

holly_065.jpg

まあ、可愛さも相変わらずなんですけどね。
買い求めた時は、黄色味の一切入らない白黒コントラストの個体が欲しくてスーパーマックスノーにしたのですが、本当はソリッドアイではなくノーマルアイの方が好みだったんですよね。
(で、金銭的な事情もあって初レオパはマックスノーにしたのですが、成長したら見事なハイイエロー?になったという…その代わり顔は凛々しいイケメンに育って気に入ってましたよ!)
でも、このソリッドアイも見れば見るほど実に可愛い。人気が出るのも納得です。

それにしても体重乗ってるので、季節の変わり目辺りにプチ拒食が来るかと思ってるんですがなかなか来ない。
それ頼みで超テキトーに給餌してるのに…おっと口が滑ったようですね!
飼い主の管理能力ゼロですね、もう言うまでもないことですが。

12月はまた東レプに行く予定ですが、せめてコオロギは買わないようにしようっとそうしようっと。
(と毎度のセリフで〆る究極のネタ切れ感)

【 2016/10/20 (Thu) 】 ヒョウモントカゲモドキ | TB(-) | CM(4)

休眠期ということにしてしまおう

この前までは冷凍マウスをバカスカ食っていたボールパイソンのチャイです。
が…

あれからほどなくしてマウスをプイし始めたと思ったら、今までにないぐらいのバカでかい糞をし、さらにその後ペットシーツが全面真っ黄色になるほどの大量の尿を2回ほどしました。

chai_043.jpg
体重も前回から200グラム近く減少。一体どんだけ溜めこんでたんだ…


これは去年の休眠期直前の行動パターンと一致するんですが、もう休眠期と見ていいのだろうか?
や、でも活マウスをチャイのケースの蓋の上に乗せてみると、相変わらず反応はするんですよね。


…んがしかし!
これからは去年と一緒ではないのです。一度冷凍マウスの軍門に下ったチャイには活マウスという選択肢は悲しいかな、与えられることはないのです。

なんでも好きなものが与えられた甘やかな子供時代は終わり、彼には厳しい大人の世界が待っている。
それがアダルトボールパイソンの世界。(ホンマかいな)

たとえまだ活なら食ったとしても、冷凍を食わない時点ですでに休眠期判定とします…!!(盛大に発表)

これも飼い主の愛ゆえに、心を鬼にするのです。。(といいつつ今まであんまり愛を感じる記事書いてないよねはは…)

chai_044.jpg

でもぶっちゃけ、レオパもそうですけど体重が乗れば、多少拒食したところで体に異常がなければどうでもいいやみたいになってしまうのがあります(^^;自分で調節するやろみたいな。

実質まともに食べてたのは今年は3、4か月程度でしたが、これでも来年の休眠期明けまで大丈夫なら飼育はかなり楽なヘビと言えるんでしょうね。食べない間は排泄頻度もぐっと減るので本当に手間がかからなくなります。

よし、これで飼い主のお財布も時間も余裕が出来るぜヒャッハー!!(結局やはりそれが本心なのらしい)
【 2016/10/18 (Tue) 】 ボールパイソン | TB(-) | CM(2)

脱皮殻を測ってみた

こんにちは、最近どうも仕事が忙しくご無沙汰気味になってしまってる当ブログです。
ヘビの話題が続いていますが、今回もこちら、相変わらずなマクロットパイソンのシンディ。

cindy_052.jpg

普段はDQN系?のヤツも脱皮前はなんだか具合悪そうにしているこんな図。
人間に例えたらカゼひいて寝込んでるみたいなイメージです。まあちょっとナーバスになってるだけなんでしょうけど。

cindy_053.jpg

顔面も明らかに…ふやけたウナギか何かかコレはってぐらいなブサイクっぷりに変貌。
何故かこの時は口元も緩んだ状態になります。

cindy_054.jpg

脱皮は今回も無事に終わりました。
超珍しく脱皮殻の中に排泄しなかったので、これをチャンスと長さを測ってみます。
(本人の長さを直接測れればいいんだけどねえ、ヤツはそんな容易く測らせてくれるほどお行儀の良い子ちゃんじゃないからねえ(-_-;))

…したら、な、なげぇー( ゚Д゚)

cindy_055.jpg

206センチ?!

…や、絶対無いですよこれ(^^;
本体はどう見ても170~180センチといったところです。やっぱり脱皮殻の長さってアテにならないものなんですね。

cindy_056.jpg

脱皮後のシンディ。
ふやけたウナギ面からいつものキリリとしたイケメンに戻っています。
まるでドラゴンころし(サーモのセンサー)を抱いて眠るガッツのようだ(@ベルセルク)←妄想し過ぎや

cindy_057.jpg

体重も2キロを超えて、今までうちの最重量だったボールパイソンのチャイを上回りました。
体長170センチ超えたとあれば、大体これでもう大人なんでしょうね。
今後も伸びるのかは個体差なんだろうと思います。

こうしてみると、確かに小さ過ぎず大き過ぎずで丁度いいサイズのパイソンなのかもしれませんね。
パイソンとしての迫力もしっかりとあり、それでいながら女性でも扱える頃合いのサイズだと思います。
かつ分かりやすい性格で餌食いも良い。
マクロット=荒いっていうイメージが過去はあったのですが、CBの増えた今は温和な個体ばかりとも聞きます。
飼いやすいヘビだと私は思います。

どうでっか、アナタのお家にも1マクロット!
(うちのシンディは少々ヤンチャですがWCだし例外ですよ!…それに一応咬まれたことないし(^^;)




【 2016/10/07 (Fri) 】 マクロットパイソン | TB(-) | CM(2)

食欲の秋とは言うが

はたまたご無沙汰しておりました(^^;
あれから相変わらず食いっぷりのいいボールパイソン、チャイです。

というかここ1週間ほど前からはさらに食欲が増して、毎日のように冷凍マウスを食っています。
これは1年前の休眠期前を彷彿とさせますが…既に秋の到来を感じ取ったのか?
去年は休眠期の入りが11月でしたが、もしかして今年は来月辺りになるのかなって思ったりもしています。

chai_041.jpg

んでこういう、ヘビの食欲が上がっている時に気を付けたいことが「餌と間違えて手を咬まれる」ですが、先日久しぶりにやっちまいました(^^;
こいつにはまだ体重500グラムくらいの頃にも一度咬まれたことがあるんですが、その時は指をガッツリ咬まれたうえ締め上げられたのに出血は微々たるもので全然痛くもなかったのに、今回は牙がかすっただけなのに割とちゃんと血が出たので驚きました。

普段はチャイの給餌の際は、餌を完全に呑み終えて顎直しのアクビをしたのを確認してからケース内に手を入れて水入れの交換をしたりメンテを行っているんですが、その時はあまりに眠気が酷くてすぐにでも寝落ちしそうだったので、アクビするのを待っていられずにチャイの背後にある水入れを取り出そうと手を入れてしまったんですよね。

そしたらチャイが振り向きざま咬みつこうとして来ました。また餌キター!と思ったんでしょうかね。まああくまでかすっただけなので大したことはなかったのですが、逆に言えばかすっただけでも痛いし血が出るようになったということに、そういえばヤツも成長したのだなぁと何か感慨を覚えたり。

これまでは専ら気をつけて取り扱うのはマクロットパイソンのシンディのみで(シンディの場合は給餌後数時間はケージ内に手を入れません)、チャイに至ってはナメくさってユルユルでしたが、今後はチャイも慎重に扱うようにせねばね。

まあなんとかかんとか言ってもヤツはあと少しでまた休眠期に入る短い命ですわ。(命じゃない命じゃない(^^;)
今は心ゆくまでフィーバーして食いまくってもらいまさぁ。

裏を返せば、それだけ見境つかなくなるほど食い気が上がっているということで飼い主的にはむしろ嬉しいことですしね。(これが飼い主に攻撃するためにやったんだったら一気に凹むけど…違うよね、違うよね(´・ω・`))


chai_042.jpg

ちなみに体重的には、去年の休眠期前より増えて2キロを超えてしまったのですが、体長も去年は1.1メートル弱だったのが今は丁度1.2メートルと縦にも伸びているのでそれを考えると不思議はないのかも。

飼い主が日本女性の身長の丁度平均値なため、ペットは飼い主に似るという格言?を踏まえると、うちに来るペット達は体長はほぼ平均値にとどまる傾向なので今後はあまり伸びないかもですね。

自分でもかなりテケトーでいい加減なこと言ってると思うので多分、だけども。
(でも今までの経験上そうなんだよねぇ)


……や、飼い主の部屋も狭けりゃ飼育環境も狭いからだって正直に白状しますわ(;´Д`)


【 2016/09/22 (Thu) 】 ボールパイソン | TB(-) | CM(2)
プロフィール

ローリー

Author:ローリー
5畳半にひっそりと棲息中。

※このブログは爬虫類飼育日記を主とした内容になっています。捕食画像なども含まれますので、苦手な方は閲覧をご遠慮下さい。

タグクラウドとサーチ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。